2018年8月10日 (金)

椿寿の宴へのお誘い

 椿寿荘築100周年を記念し、これまで椿寿荘で結婚式を挙げた方々

お迎えし、「椿寿の宴」を開催します。詳しくは下のファイルをお開きください。

「utage.pdf」をダウンロード

2018年7月31日 (火)

花嫁・花婿写真撮影 パート6

 39.5度と全国一の気温を記録した7月29日、花嫁・花婿の写真撮影が行われました。

 午後4時過ぎからの撮影とあって、日中の猛暑は少しばかり和らいだ感の中で、お二人の清々しくも仲睦まじい姿の撮影となりました。

 お二人とも、長岡市出身、8月18日に結婚式を挙げられるとのことでした。お二人に、幸多かれと心よりお祝い申し上げます。
  ご結婚おめでとうございます。

Dsc_081401_2
Dsc_082701
Dsc_084001
Dsc_084401
Dsc_086001
Dsc_086201_2



















2018年7月23日 (月)

”風船で作るあかり作り” 築100周年の椿寿荘に作って飾ろう!!

 

椿寿荘築100周年行事の一つとして、田上町公民館主催のゆうゆう教室で「風船で作るあかり作り」が行われました。この取り組みは、風船であかり(ライトシェード)を作成し、その作品を椿寿荘に展示して100周年を盛り上げようというものです。

 小学校低学年から高学年までの児童と保護者合わせて24名の参加者が、講師の川村 功先生の指導のもと、また新潟経営大学の先生や学生ボランティア等の手助けを受けながら、制作に取り組みました。

 作ったあかり(ライトシェード)は、728()から819()まで、椿寿荘に展示します。大勢の皆様からご来館いただき、作品をご覧いただきたいと願っています。

 なお、現在、講師の川村先生の作品を展示中です。こちらも、ぜひご覧ください。

Dsc_005901_2          膨らませた風船に、すき間なく無地の和紙を糊付けしていきます。
Dsc_006401_2  Dsc_007101          保護者も子どもに負けず劣らず、真剣そのもの。
Dsc_006701_2          さすがボランティアの学生さん。子どもの作業を見守っています。
Dsc_007901_2
          2回目の貼り付けで、模様を付けました。
          
講師の川村先生もできあがりにほっと一安心の様子です。
Dsc_004101_2          現在展示中の、川村先生の作品です。
          子どもたちの作品の完成が待ち遠しいです。
                     
参加された皆様、暑い中大変お疲れさまでした。

子どもたちの力作をご覧いただきたく、大勢の皆様のご来館を、お待ちしています。





















 

2018年7月 6日 (金)

花婿・花嫁写真撮影 パート5

 雨が心配された今日(6日)、写真撮影が行われました。幸い雨の
降らない時間帯があり、逆に雨で緑が映え、条件的には良かった
のではないかと思います。
 新郎は新潟市南区出身、新婦は柏崎市出身で、3月に入籍され、
現在は新潟市にお住まいとお聞きしました。
 明日(7日)、三条市で結婚披露宴を行うとのことでした。
大変お目出とうございます!末永いお幸せを!heart
Dsc_0711
Dsc_0713
Dsc_0722
Dsc_0728
Dsc_0733
Dsc_0742
Dsc_0744
Dsc_0749
Dsc_0753
Dsc_0754
※最後に全員揃って記念撮影のシーン!

2018年6月29日 (金)

すっきり、きっちり、どっしり 椿寿荘!!

 新潟日報カルチャースクールが、6月28日、椿寿荘を会場に開かれました。
テーマは 『庭園お屋敷めぐり 目からウロコの鑑賞法』で、基本編の第3回目(最終回)でした。

 内容   ・宮大工と数寄屋大工の仕事の違いを知る。
       ・枯山水庭園に水を観る。

 講師    ・藤井 哲郎 先生 (庭屋一如研究会 主宰)

 タイトルの「すっきり、きっちり、どっしり」は、椿寿荘を自由に見学しての参加者の感想です。書院造の椿寿荘の特徴を端的に表しています。

Dsc_0685_2

 本日の研修について説明

Dsc_0687

邸内全体の鑑賞。

Dsc_0692

主庭、裏庭の鑑賞。雨上がりの樹々がとてもきれいな中で
庭のつくりや灯篭の種類、石組みなどについて研修しました。

 参加者からは、「建物の直線的な作りが印象的」とか
「こんな欄間(クスノキの一枚板の透かし彫り)は、初めて見た」など
驚きの声が挙がっていました。

 おいでいただきました皆様、講師の皆様ありがとうございました。

2018年6月17日 (日)

大盛況だったポルトガル刺繍展

 6月16(土)~17(日)日に開催されたポルトガル刺繍展には多くの

皆さんが訪れ、作品を鑑賞したり刺繍の体験をされたりしていました。

また、小作品も多くの方が買い求めておられました。

  なお、二日間で334人もの方から入館していただきました。

 主催していただいた高橋泰子グループの皆様、また、入館いただいた

多くの皆様方、大変ありがとうございました。

Dsc_0652_2

Dsc_0653_2

Dsc_0660

Dsc_0656_2

Dsc_0658_2

Dsc_0661_2

Dsc_0663_2

Dsc_0669_2

Dsc_0673_2

Dsc_0675_2

Dsc_0679_2

◎ポルトガル刺繍展が終わったあと、高橋泰子さんから貴重な作品

2点を椿寿荘に寄贈いただきました。椿寿荘創建者・田巻堅太郎の

写真がある奥の間の床の間に飾らしていただきました。

 ありがとうございました!

Dsc_0707

Dsc_0708

2018年6月11日 (月)

ポルトガル刺繍展 2次案内 

 5月24日にポルトガル刺繍展についてご案内しましたが、

本日11日に作品の一部が椿寿荘に届きましたので、写真で

紹介します。今後、順次作品が届き、15日に準備作業、予定通り

16(土)~17(日)にポルトガル刺繍展を開催いたします。詳しいことは

「椿寿荘便り」の5月24日ブログをご覧願います。

Dsc_0632_2

Dsc_0630

Dsc_0628_2

Dsc_0629_2













2018年6月 9日 (土)

原田巻家ゆかりの仏壇

 築100周年記念イベントの一つとして原田巻家・椿寿荘に
関わりのある資料展を企画しておりますが、物品、資料等が
集まり始めており、順次公開しております。
 特に6月6日にはかなり以前の原田巻家で安置されていたと思われる
仏壇が運び込まれ、公開を始めております。
 是非多くの皆さんからお出でいただき、ご覧いただきたいと
思っております。
6202
 
06052

0612
 
0613

0616

0617

0614
 
Photo

0615
 
仏壇の解説をご覧になりたい方は、下記PDFを開いてください。

2018年5月27日 (日)

盛り上がった高英会津軽三味線ライブ!

  26日(土)、恒例の高英会津軽三味線ライブがありました。

天候にも恵まれ、昨年よりもかなり多くの皆さんからお出でいただきました。

椿寿荘築100周年記念イベントにふさわしく、唄に踊りに笑いあり

大変盛り上がったライブになりました。

高英会並びにゲストの小林組の皆さん、そして大きな拍手と声援を送って

いただいたご来場の皆さん、ありがとうございました。Dsc_0708

Dsc_0722

Dsc_0725

Dsc_0732

Dsc_0734

Dsc_0738

Dsc_0743

Dsc_0750

Dsc_0752

Dsc_0755
※ライブ終了後の記念撮影!























2018年5月24日 (木)

ポルトガル刺繍展開催について

●「ポルトガル刺繍展」開催

 椿寿荘創建者 田巻堅太郎・孫娘 高橋泰子グループに

よる「ポルトガル刺繍展」を開催します。

作品の販売体験コーナーもあり。どうぞお越しください。

Chi20186a 

「2018.6-ポルトガル刺繍展A4-.pdf」をダウンロード

※ダウンロードするとより大きく鮮明な画像になります。

Chi20186b

「2018.6-ポルトガル刺繍展A4-裏.pdf」をダウンロード

※ダウンロードするとより大きく鮮明な画像になります。

«花婿・花嫁写真撮影 パート4

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ